スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんのび太と妖精の国【レトロゲームのご紹介】

【ジャンル】アクション
【機種】  スーパーファミコン(SFC)
【メーカー】エポック
【プレイ人数】1人
【発売日】1993年2月19日
【価格】 8000円
【概要】
スーパーファミコンでのドラえもんシリーズの第一作目です。
ストーリーはこの世界とは別のところに妖精達の住む【妖精の国】という世界が存在し、そこが謎の怪物達に襲撃され女王も捕えられてしまう。
空き地で遊んでいたドラえもん達のもとに妖精の国の住人である『花の妖精』が現れドラえもん達に助けを求めてくる。
これを聞いたドラえもん達は妖精の国を救う為に妖精の国へ向かうといったものです。(説明下手ですいません(^_^;))
アクションゲームとしての難易度は易しめでアクションの苦手な人でも楽しめると思います(^^)
また、ドラえもんの動きがかなりかわいいです( ・∀・)(とくにしゃがんでいる時がめちゃくちゃかわいい(笑))
あまりレトロゲームをプレイしたことのない方や、これからやってみようかなーなんて思っている方には結構お勧めの作品です(・ω・)
【レビューサイト様】
1ドラえもん のび太と妖精の国

2ドラえもん1のび太と妖精の国
攻略サイトを探してみたのですが詳細なサイトが見つかりませんでしたm(__)m
一応アマゾンの攻略本のリンクを貼っておきます。多分攻略本無しでも行けると思いますので、もったいないのでどうしてもクリアできない時だけ買う事をお勧めいたします(^_^;)
【ソフト】


【公式ガイドブック】




スポンサーサイト

レトロゲームのご紹介

忍者龍剣伝
アクションゲーム
対応機種
ファミリーコンピュータ PCエンジン
発売 【PCE】ハドソン【FC】 テクモ
人数 1人
発売日 [FC]1988年12月9日[PCE]1992年1月24日
価格 [FC]5,500円

【概要】
当時かなりの人気を誇ったアクションゲームです(^^)
内容は忍者であり龍族の末裔であるリュウ・ハヤブサが謎の石像【邪心像】を巡って謎の軍団と戦う横スクロールアクションゲーム。
当時の作品としてはグラフィック、ストーリー性がかなり高いです。アクションゲームとしても難易度が高くやり込みがい
がありレゲーの中でも名作の一つとしてかぞえられています( ´∀`)
本当に難しいのでアクションゲームに自信のあるかたはプレイしてみてはいかがでしょうかヾ(o゚ω゚o)ノ゙
【レビューサイト様】
1レトロと私
2ゲーム風呂
3arurururu
【攻略サイト様】
1忍者龍剣伝自分用攻略メモ





ゲーム リンク様
姉妹サイト
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

クマ

Author:クマ
三度の飯よりゲームが好きです( ´∀`)
相互リンク募集中です(^○^)
していただけるサイト様は下記メールフォームよりご一報ください。

最新コメント
最新記事
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
RSS
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。